お墓や仏事を考えるコラム

  1. ホーム
  2. お墓や仏事を考えるコラム

「永代供養」イコール納骨堂は間違いです。


「永代供養」=「納骨堂」???

前回のコラムでも取り上げた「永代供養」ですが、案外多いのが「永代供養=納骨堂」と思っている方です。
無論それも間違いとは言い切れないのですが、たとえばビル型の納骨堂が提唱する「永代供養」については良く考えてみる必要があります。


「ビル型納骨堂」と「永代供養」

ここで言う「永代供養」とは一般的に、一定期間ご遺骨を納骨檀にて預かり、その期間を過ぎると同じビル内の合祀檀に合祀するというものです。
中には「永代にわたって」納骨檀を占有できる納骨堂もあるようです。

しかし、考えてみてください。


ビルが永代にわたって存続する?

ご存知の通り、ビルには耐用年数というものがありますよね。
最近の建築であっても、40~50年持てば良い方です。いずれは取り壊したり建て替えたりしなければなりません。
にもかかわらず、建物の寿命がきたらどうするのかについて明言している納骨堂はほとんどないと言って良いのではないでしょうか?

つまり、ビル型の納骨堂の場合、【 「永代」イコール「ビルの耐用年数」でしかない】可能性が高いのです。


「石」のお墓が千年以上にわたって続いてきた理由

その点、石のお墓の場合、天変地異によってお寺や霊園自体がなくなってしまわない限りは安心です。
もちろん、経営主体が安定しているお寺や霊園でなければいけませんが、それは納骨堂においても同じこと。
たとえ人類が滅びても、石のお墓なら消滅してしまうことは考えにくいですよね。

古くからわが国では、この世の住まいは木で造り、お墓だけを石で建ててきました。
その理由について深く考えることが、本当の供養を考えるうえできっと役に立つはずです。


«一覧ページに戻る



お問い合わせはこちら お気軽にご相談ください 0120-01-9999 受付時間 AM9:30~PM5:30

お墓・仏事を考えるコラム

相続税がよくわかる! 「生前建墓と節税」のお話。
お墓は相続税のかからない「祭祀財産」お墓には相続税がかからない、というのをご存知でしょうか?墓地や墓石は「祭祀財産」と呼ばれ、承継 ...続きを読む
誤解だらけの「永代供養」。
人気のキーワード「永代供養」ですが・・・お墓に関連するキーワードとして最近注目を集めているのが「永代供養」。読んで字の如く「永代」 ...続きを読む

お墓のQ&A

開眼法要の際のお布施は、どれくらいが適当?
明確な決まりはありませんが、一般的にお寺様へのお布施は3万円ぐらいからと言われています。
包紙には、紅白水引(みずひき)ののし袋を...続きを読む
閏年(うるうどし)にお墓を建ててはいけないって本当?
江戸時代、閏年は13か月ありました。その分給料が増えたかというとそうではなく、年俸制だった武士の給料は、いつもの年と同じだったの...続きを読む